読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

函館稜北病院総合診療科抄読会B面

毎週木曜日5:30PMから30分間、Clinical Problem-Solvingを素材にクリニカル・パールを拾い集めます。

第103回:「日常診療でよく診る症状の裏に」

お話のキモは、腰痛、便秘、しびれ、頭痛、めまいなどコモンな症状にいろんな「裏」がありますよということ。これを避けるためには、時間なり、思考フレームなりを変えて、「セカンド・ルック」を実践することが大切ということでした。前医が、専門医という場合は、前医の再診をお勧めすることが、患者さんのためになりますということでした。

お話のなかで、「10秒テスト」(10-s grip and release test)という検査の紹介がありました。この検査について調べていたら、同様の意義の検査で、数取器を使った検査法を見つけました。

Tally counter test as a simple and objective assessment of cervical myelopathy

Chicago Med I-3 "Fallback"

タイトルの "Fallback" は、「頼みの綱」としての "Surgical Navigation Advanced Platform" と御主人にプレドニゾロンを盛ってまで軍役から「退却」してもらおうとした奥様の犯罪とを掛けたのでしょうか。奥様の嘘を暴いた Dr. Daniel Charles のセリフ。

To lie well, you have to loosen up.

You know, make eye contact, stuff like that.

日本人は、アイコンタクトが下手だと言われますが、アメリカ人とのコミュニケーションでは気をつけなければならないかもしれませんね。

このドラマは、精神科医や病院管理者も主役として登場するところが、魅力でもあり、ERのようなスピード感を削いでいるところでもあるような気がします。スクリプトの確認は、下記のサイトが参考になります。

Chicago Med I-2 "iNO"

産み捨てられた新生児の低酸素血症、帰宅させて心筋梗塞で心停止して戻ってきた3児の父、院内には一本しか一酸化窒素のボンベがない…

結局は、後者の患者にボンベを使い蘇生し、循環器医師による介入に繋ぎ、生命は救うことができるのだが、重い障害を残してしまうことになる。担当医に循環器医師が投げかける言葉。

“What’s the difference between doctors and God? God knows he’s not a doctor.”

それに対して、医者は出来ることと出来ないことの区別する分別がつけられない、ということを言いたいのでしょう。深読みをすれば、タイトルの "iNO" は "I KNOW" と掛けたのか?

日々、ニーバーの祈りを胸に、知恵を働かせたいものです。

ニーバーの祈りは、歌にもなっており、A面のブログの試験投稿でも紹介しております。

今後の抄読会

抄読会の開催要領を下記に変更します。

             記

【日時】 毎週月曜日 17:00〜17:30 次回は、4月17日(月)とします。

【課題】 従来は、気になったところの抜粋を持ち寄って頂きましたが、

    これからは、記事の要約となるような形で切り貼りして持ってきてください。

【当日】 各人が持ち寄った要約をワークショップ形式で、

    240字前後の要約にまとめたいと思います。

【事後】 まとめたテキストを FromTextToSpeech.com のサービスを利用し、

    人工音声に変換し、Seesaaブログでポッドキャスト配信したいと思います。

hakodoku.seesaa.net

                                 以上

 

第50回:"Wasting Away"

今回の "Wasting Away" というタイトルは、「衰弱する」と「浪費する」という2つの意味を掛けたタイトルでした。その意味を汲めば、難しい日本語だが、「枯槁憔悴(ここうしょうすい)」という訳にでもなりましょうか。

Word Count:3224語 (Time:  16'06'', 200 wpm)

参加人数:4名

引用箇所:

  • The administration of calcitriol is also indicated to increase phosphate levels through several mechanisms. This approach was successful in our patient, with resolution of her pain, muscle weakness and wasting, and electrolyte abnormalities and amelioration of the bone loss caused by urinary electrolyte wasting.
  • Phosphate redistribution into bone occurs in the “hungry bone” syndrome, in which the decrease in parathyroid hormone levels after parathyroidectomy for primary hyperparathyroidism leads to the rapid deposition of calcium and phosphate (in the form of hydroxyapatite) into undermineralized bone within an expanded remodeling space.
  • Her HBV infection increases her risk of polyarteritis nodosa, which could explain the fatigue, weight loss, weakness, and abdominal pain.
  • The clinical manifestations of hypophosphatemia are rarely apparent until phosphate levels fall below 1 mg per deciliter. Common symptoms and signs include fatigue, proximal myopathy, dysphagia, ileus, and impaired cardiac contractility. There may be involvement of the central nervous system, which can result in irritability, delirium, or coma. Hemolysis and impaired granulocyte function have also been described. Finally, chronically low serum phosphate levels lead to a reduction in bone-mineral deposition, which can lead to rickets in childhood and osteomalacia in adulthood. Rickets is associated with stunted linear growth and bone deformities. In adulthood, bone deformities are rare, but widespread bone pain may occur. Gait abnormalities attributable to pain with weight-bearing ambulation are common.

Chicago Med I-1 "Derailed"

昨日から放映が始まった "Chicago Med"、"ER" 後、なかなか気に入る医療ドラマが現れなかったが、今回は期待が持てそう。時代的には、ERのグリーン先生のお嬢さんが メディカル・スクール4年生のサラ・リースといったところか。(もちろん別ドラマ、別人なのだが)

 

動画とは関係ないが、1話目で感動したのが、精神科部長ダニエル・チャールズが、地下鉄脱線事故で命を落とした婚約者の臓器提供を説得したシーン。ラティーノである彼女を納得させるために、フェデリコ・ガルシア・ロルカの戯曲「血の婚礼」の木樵のセリフを引いた。

Leñador 1: ¡Ay muerte mala! ¡Deja para el amor la verde rama!

あぁ、不幸な死よ! 愛に緑の枝を接げよ!

来週からの楽しみが、増えました。

第49回:"Histology Rings True"

今回は、"ring true"という熟語と"fibirin ring granuloma"という組織パターン名を掛けたタイトルでした。その意味を汲めば、「実質臓器が語る真実」という訳にでもなりましょうか。

Word Count:2927語 (Time:  10'16'', 285 wpm)

参加人数:4名+1名(文書参加)

引用箇所:

  • Jaundice and dark urine raise suspicion for cholestasis, which can be intrahepatic (caused by infection or lymphoma, for example) or extrahepatic (caused by choledocholithiasis, for example). Given the patient’s fever, the first priority is to rule out obstruction of the biliary tree and cholangitis. Jaundice and dark urine (hemoglobinuria) also occur in cases of acute intravascular hemolysis, such as autoimmune hemolytic anemia, malaria, or Clostridium perfringens bacteremia.
  • Fibrin-ring granulomas are characterized by granulomatous inflammation with a central fat vacuole and surrounding ring of fibrin. They are suggestive but not pathognomonic of Q fever; in one series, 10 of 23 patients (43%) with fibrin-ring granulomas were shown to have this infection. Fibrin-ring granulomas have also been described in visceral leishmaniasis, toxoplasmosis, EBV hepatitis, and allopurinol hypersensitivity.
  • ANA has been reported in 12 to 35% of patients with Q fever, and anti–smooth muscle antibodies have been reported in 30 to 65%. Rheumatoid factor, antineutrophil cytoplasmic antibodies, and anti–double-stranded DNA antibodies have also been reported in some patients.