読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

函館稜北病院総合診療科抄読会B面

毎週木曜日5:30PMから30分間、Clinical Problem-Solvingを素材にクリニカル・パールを拾い集めます。

Interpreting Hoofbeats: Can Bayes Help Clear the Haze?

"When you hear hoofbeats, think of horses not zebras".という箴言をもとに、BayesとHazeで韻を踏んだタイトルです

【参加人数】4名

【今回の語数】3517語【累計語数】28,477語

【私の読了にかかった時間】35分42秒 (99 wpm)

【クリニカルパール】

  • The choice of diagnostic strategy can be problematic, however, because confirmatory procedures are often more expensive and more risky than simply repeating the original test.

  • The simple heuristic method of counting the number of positive and negative results is incorrect because it assumes that sensitivity and specificity are equal.

  • But the heuristics (rules of thumb) we use to judge the likelihood of diseases such as pheochromocytoma may well produce a substantial overestimate, because of the salient features of the tumor, its therapeutic importance, and the intellectual attraction of making the diagnosis.

【感想】

  • 事前確率、検査特性、事後確率の話から、インフルエンザ談義に花が咲きました。

  • その流れで、Centor CriteriaAlvarado scoreのこととかも話題に上がりました。

【余計な一言】zスコアのzは、ドイツ語の "Zufälligkeit" の略ではないかと、勘ぐっているが、本ケースのように検査結果からzスコアを概算することで、どのくらい偶々おこることなのか推し量ることができる。