読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

函館稜北病院総合診療科抄読会B面

毎週木曜日5:30PMから30分間、Clinical Problem-Solvingを素材にクリニカル・パールを拾い集めます。

第22回 "On the Nose"

 タイトルの "On the Nose" は、「ちょうど」という意味もあるそうですが、今回は "double meaning" ではないようです。アメリカの風土病のお話でしたが、日本から見ると、「輸入真菌症」となります。(「深在性真菌症・治療ガイドライン2014」参照)

Word Count:2843語 (Time:  16'27'', 173 wpm)

参加人数:4名

クリニカル・パール:

  • Diagnosis of blastomycosis is often delayed because of the low clinical suspicion at the patient’s presentation and the range of associated clinical symptoms.
  • His travel history suggests that the geographically constrained fungi H. capsulatum and B. dermatitidis are considerations. Both these fungi are found in the Midwest.
  • His pulmonary abnormalities may have conferred a predisposition to deep-vein thrombosis; both cancer and acute infection can increase the risk of venous thromboembolism.

感想:

  • 日本の風土病で思い起こすのは、日本住血吸虫症、ツツガムシ病、エキノコッカス症、ALS/PDCとか…