読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

函館稜北病院総合診療科抄読会B面

毎週木曜日5:30PMから30分間、Clinical Problem-Solvingを素材にクリニカル・パールを拾い集めます。

第23回:"A Surprising Cause of Chronic Cough"

 コモンなプレゼンテーションが、実は稀な疾患の稀なプレゼンテーション、こんな「なりすまし症例」(The Great Masquerader) には、セレンディピティに頼るしかないのでしょうか?

Word Count:2390語 (Time:  17'14'', 139 wpm)

参加人数:5名

クリニカル・パール:

  • Chronic cough lasting more than 8 weeks is common and most often caused by bronchospasm, GERD, eosinophilic bronchitis, or the upper-airway cough syndrome (postnasal drip).
  • Although Whipple’s disease is uncommon, chronic infection with T. whipplei should be considered in any patient with persistent unexplained arthralgias or gastrointestinal or systemic symptoms.

感想:

  • やはり稀な疾患をきちんと診断するためには、その病気を知っていないとだめ。
  • そしてその疾患を疑ったらその疑いのテンションを内視鏡医や病理医へ適切に伝えることも大切。