読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

函館稜北病院総合診療科抄読会 #hakodoku

毎週木曜日5:30PMから30分間、Clinical Problem-Solvingを素材にクリニカル・パールを拾い集めます。

第34回:"Testing Limits"

抄読会

症例はちょっと…でしたが、タイトルは奥深い。「検査には限りがある」のか、「限界を試す」のか…なにか某自治体のスローガン「試される〇〇」のようであります。

Word Count:2262語 (Time:  15'15'', 148 wpm)

参加人数:4名+書面参加1名

クリニカル・パール:

  • Protracted constitutional symptoms, weight loss, the lack of response to antibiotics, negative blood cultures, and the increasing ESR suggest noninfectious causes.
  • Vasculitides, such as giant-cell arteritis, can be associated with fevers and may explain dry cough and weight loss; the absence of headache, visual symptoms, or jaw claudication does not rule out this diagnosis.
  • The overall survival rate at 5 years is 51% among women with localized uterine leiomyosarcoma and 5% among those with metastatic leiomyosarcoma.

感想:

  • 読みが浅いのか、ちょっと退屈な症例。新しい物がいいとは限らない好例か。
  • "Jaw claudication" から、Benzodiazepine Withdrawal Syndrome の話へ展開、きっと臨床医はみな「アシュトン・マニュアル」(日本語版[pdf])に目を通しておいたほうがいいでしょう。
  • なにか気がついたことがあれば、"To the Editor" に投稿するといいかも。アクセプトされれば、病院のいい宣伝になりますね。