読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

函館稜北病院総合診療科抄読会 #hakodoku

毎週木曜日5:30PMから30分間、Clinical Problem-Solvingを素材にクリニカル・パールを拾い集めます。

第40回:"A Tight Predicament"

タイトルの、"tight" は、"stenosis" に通ずるのでしょうか?それにしても、"predicament" の意味が覚えづらい。語源で考えると、「前もって言われていたこと」のような意味のはずなので、(言ったこっちゃない)苦境みたいに派生したのでしょうかねぇ。

Word Count:2901語 (Time:  14'03'', 206 wpm)

参加人数:6名

クリニカル・パール:

  • Pregnancy is a hypercoagulable state, making pulmonary embolism a special consideration.
  • In this regard, her country of origin is notable, because it suggests a risk of Chagas' disease, rheumatic heart disease, or both. Rheumatic heart disease is associated with a childhood history of fever and arthralgias. She should be asked specifically about childhood illnesses.
  • Adequate fetal oxygenation requires a maternal partial pressure of arterial oxygen (PaO2) of 70 mm Hg or higher, corresponding to an arterial oxygen saturation of approximately 95%.
  • Fetal PaCO2 clearance by the placenta requires a gradient of approximately 10 mm Hg; to achieve this goal, the maternal PaCO2 should remain less than 45 mm Hg and the pH should be greater than 7.3.
  • Its prevalence is high in sub-Saharan Africa, south central Asia, and the Pacific Islands and in indigenous populations of Australia and New Zealand (range, 2.2 to 5.7 cases per 1000 persons).

感想:

  • 途上国では、まだまだ多い病気。MSの原因は、100%リウマチ性弁膜症ですから。一方、日本では診ることが少なくなって診断能力が落ちているかも。
  • 【CD-ROM付】ティアニー先生の心臓の診察 」によると、僧帽弁狭窄症の拡張期ランブルはベルで聴く、聞こえる範囲は100円玉の大きさとのことで、聴診は難しい。むしろ、OSの聴取が大切とのこと。
  • エコーを当てて、僧帽弁の"hockey stick"を見つけるのも、有用。
  • シャーガス病とは?→Wikipedia