読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

函館稜北病院総合診療科抄読会 #hakodoku

毎週木曜日5:30PMから30分間、Clinical Problem-Solvingを素材にクリニカル・パールを拾い集めます。

From Dancing to Debilitated

抄読会

前回以上に稀なケースでした。それでも早期閉鎖をせずに、中腰でDisease Xの可能性を保持することの大切さが身にしみます。

【参加人数】5名

【今回の語数】3071語【累計語数】24,960語

【私の読了にかかった時間】27分32秒 (111 wpm)

【クリニカルパール】

  • Central nervous system involvement is reported to be an independent predictor of death in Erdheim–Chester disease.

  • The appearance of a hairy kidney was strongly suggestive of Erdheim–Chester disease.

  • By repeatedly revisiting the differential diagnosis in response to the evolution of the disease, the clinical team was able to arrive at the final diagnosis of Erdheim–Chester disease.

【感想】

  • IgG4関連疾患の紹介を呈している。

  • 外眼筋の肥厚などは注意しなければ見逃しそう。

  • アナキンラ、ベムラフェニブなど馴染みの薄い薬が出てきたが、時代に追いつかないと…

【余計な一言】”The three most frequent clinical features of ECD are bone pain, diabetes insipidus and exophthalmos; these features are called the classic ECD triad." とのこと。無料で読めるレビュー記事は、こちら