読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

函館稜北病院総合診療科抄読会B面

毎週木曜日5:30PMから30分間、Clinical Problem-Solvingを素材にクリニカル・パールを拾い集めます。

第30回:"Itching for a Diagnosis"

 タイトルは、症状としての掻痒と診断に対するうずうずする欲求とを掛けたものですね。

編集
編集
編集
編集

Word Count:2294語 (Time:  11'35'', 198 wpm)

参加人数:5名

クリニカル・パール:

  • Both the degree of proteinuria and the rate of progression of the kidney failure are more pronounced in collapsing glomerulopathy than in classical focal segmental glomerulosclerosis.
  • In the early 1980s, collapsing glomerulopathy was a relatively frequent diagnosis in persons with HIV infection (so-called HIV-associated nephropathy). Subsequently, a similar kidney lesion was described in HIV-negative patients, and the condition was termed collapsing glomerulopathy. In collapsing glomerulopathy, the glomerular lesions are often characterized by segmental or global glomerular collapse without sclerosis or hyalinosis.
  • It has been suggested that variants of APOL1 may predispose persons of African ancestry to collapsing glomerulopathy, but further research is needed.

感想:

  • 全身掻痒の鑑別診断には、胆汁酸うっ滞、腎障害、薬剤、HIV感染、甲状腺機能亢進症、骨髄増殖性疾患、悪性腫瘍、妊娠などがあるが、参加者の印象に残るのは、肝硬変とか疥癬とか悪性疾患とかが多いようです。
  • "collapsing gromerulopathy"は、通常のネフローゼよりも高度な蛋白尿と急激な腎機能低下で特徴づけられ、もとはHIV腎症として認識されていたものが、HIV感染がなくとも生じる場合が報告されるようになってきたものらしい。